COMSQUARE Co., Ltd.

ニュースリリース
製品
パトロールクラリス監視運用ソリューション

新バージョン、Ver3.7.0を発売

2012年6月13日

エージェントレスによるサーバー・ネットワーク監視ソフトウェア
「パトロールクラリス(PATROLCLARICE®)」が新バージョンを発売。
これまで手動で対応していた手順の簡易的な自動化を実現するとともに、
より便利に柔軟に集計&出力できるレポーティング機能を実装。

 

株式会社コムスクエア(本社:東京都江東区、代表取締役社長:上嶌 靖 以下コムスクエア)は、600社以上の導入実績を持ち、国内外の法人に好評を頂いている、エージェントレスによるサーバー・ネットワーク監視ソフトウェア「パトロールクラリス(PATROLCLARICE®)」の最新バージョン(Ver3.7.0)を開発・発売し、6月13日より出荷を開始いたしました。

 

パトロールクラリスの初期バージョンは、自社データセンターの運用負荷を軽減させることを目的に開発されました。以来、自社開発のエージェントレス技術(監視対象に特別なプログラムを導入せずに監視を行う)の改良に務めるとともに、一貫してサーバー運用、ネットワーク運用に携わるユーザー様が運用負荷の軽減を実現できる為の機能強化を図って参りました。
最新バージョン(Ver3.7.0)では、システム障害や警告が発生した際に、これまで手動で対応していた手順の簡易的な自動化をエージェントレスで実現し、運用業務の作業の標準化、作業時間の削減、作業効率の向上、運用コストと人的ミスの低減を図る支援ができる「監視連動機能の追加」、複数のサーバーを監視しつつ、期間や条件を指定して、例えばCPU使用率の高いサーバーのランキングを集計&作成できる「ランキングレポート」機能の追加、Windows Server 2008以降のイベントログ形式であるEventLog6.0の監視に対応するなど機能強化を図ります。 

【最新バージョンリリース記念 システム基本監視 無料・無制限キャンペーン開催!】

最新バージョン(Ver.3.7.0)のリリースにあわせて、以下の基本監視項目を無料・無制限にご利用可能な特別キャンペーン(*)を実施中です。監視にまつわるコストパフォーマンスを大きく改善いたします。

■100ポイント以上のライセンスをご導入いただいたお客様は、Ping監視が使い放題に!

■300ポイント以上のライセンスをご導入いただいたお客様は、SNMP監視も使い放題に!

*キャンペーンのエントリー期間:
2012年9月末日までに製品ご導入のお客様が対象となります。

 

新バージョンの特徴

■監視連動機能の追加

120613_1
監視がエラーとなった際に、連動して他の監視の開始/停止ができる機能です。例えば対象機器のプロセスが落ちていた場合にチャット監視等と連動し、プロセスを立ちあげるといった事が可能となり、これまで手動で対応していた手順の簡易的な自動化を実現することができます。
■ランキングレポート機能の追加
120613_2
例えば「CPU使用率の高いサーバーのランキング」の作成など、運用上必要でありながら時間を要していたレポートを、内容や期間を設定することで、ユーザー様の希望通りに作成できる新しいレポーティング機能です。もちろん、結果はすぐにPDFやCSVに出力することができます。
また、従来のカスタムレポートも強化され、複数機器にまたがる監視を一つのグラフとして表示することが可能になりました。便利な機能としてトレンドラインの表示も追加されました。
■EventLog6.0の監視に対応

Windows Server 2008以降のイベントログ形式であるEventLog6.0の監視に対応しました。以前のバージョンまでは、前形式のイベントログに対する対応であったため、イベントビューアーで表示できるログの内容でも、一部、監視対象に設定できない場合がありましたが、本バージョンからは完全に監視対象に設定することができます。
■多数の機能強化と改良
その他、多数の機能強化と改善を行いました。パトロールクラリスは、高い要望フィードバック率を実現しており、本バージョンでも、多くの顧客ご要望を反映させて頂きました。

  • 監視連動機能の追加
  • カスタムレポート機能追加
  • ランキングレポート機能追加
  • グループ連動停止機能追加
  • CWM経由でのイベントログ監視でEventingLog6.0への対応
  • CWM(ClariceWinModule)のNAT対応
  • CWM経由でのWinログ詳細監視対応
  • Solarisのメモリ使用率監視の追加
  • Solarisのスワップ使用率監視の追加
  • カスタマイズ監視でしきい値の検知条件の追加
  • プロセス監視でのCPU使用率、メモリ使用率での監視をサポート
  • コントロールIPを一括移動の際のデフォルトコントロールIP変更
  • アラートビューでの「備考」表示対応
  • アクション一括設定での除外指定対応
  • カスタムグラフ画面での一括削除対応
  • サーバレポート、グループレポート機能にソート機能の追加
  • 監視一覧画面での監視名、サーバー名でのソート機能の追加
  • Winメモリ監視に参考搭載メモリ取得機能の追加
  • 監視可能なサーバーを調べる機能をコントロールIPから実施可能に
  • POP監視時にメール受信まで監視設定するとタイムアウトしてしまう不具合の修正
  • ログ詳細監視でまれに先頭行に改行が入り監視結果取得エラーになる場合の修正
  • Linux内部監視時に長いコマンド発行で接続エラーやSegmentation faultが発生する場合の修正
  • テスト実行時に実行エラーとなる場合の修正
  • SMTP監視でのIMAP,POP監視との連動動作の修正
  • CSVエクスポートでのWinディスクヘッダ情報の修正
  • プロセス監視のグラフでの縦軸表記の修正
  • URL系監視でdomain, path等の記述の無いCookieの場合に希に起きる不具合の修正
  • winログ詳細監視での文字コードutf-16時の動作修正
  • 言語自動判定の修正
  • その他不具合修正

 

パトロールクラリス(PATROLCLARICE®)について

logo_pc

■製品公式サイト
https://patrolclarice.jp/(日本語サイト)
  • エージェント(監視プログラム)を監視対象の機器内へ置かない「エージェントレス型の監視方式」により、サーバー、ネットワーク機器等をリモート監視することが可能で、監視に関わるコストと業務、時間のロスを削減して、監視の効率化とシステムの安定稼働を推進することができます。
  • Webシステム等のサービスレイヤーへの監視や、ユーザー自らが設定したコマンドの実行結果を監視できるカスタマイズ監視も可能です。
  • 自社利用ニーズから監視ビジネス基盤まで幅広いニーズでご利用頂け、約600法人様以上にご導入いただいております。

※PATROLCLARICE®は、コムスクエアの登録商標です。
記載されている会社名及び製品名は各社の登録商標又は商標です。